ハイジニーナ脱毛の注意点

ハイジニーナ脱毛は、脱毛部位については毛を限りなく無くして、将来生えてこないように希望しているのか、脱毛の一時的なものを希望しているのか、ということによって方法が違ってきます。 おしゃれを楽しみたいので若い時は脱毛を全てするハイジ二ーナ脱毛がいいと考えても、年をとってくれば、恥ずかしいと思うこともありえるでしょう。

Vラインの場合は自分でも位置が見えやすく、処理がシェービングや脱毛クリームなどでしやすい部位です。 Iラインの場合は、近くに粘膜があるため、非常に部位がデリケートであり、Oラインの場合はとても自分では見にくい部位であるため、自己処理はおすすめではありません。 そのため、ここではVラインの場合の自己処理の注意点についてご紹介しましょう。

形をまずは決定します。 上部は中指と人差し指の2本分の幅、恥骨から3cmから5cmの高さが、美しい形であると一般的に言われています。 形が決定すれば、処理する毛をはさみなどでカットして短くしていきます。長いままであれば、毛を巻き込んだり、剃りにくかったりするリスクがあるからです。

カットが終われば、毛の流れに従って電動シェービングやカミソリなどを使って形を整えます。 終わりに保湿をローションやクリームで行います。 カミソリを使用する場合は、いろいろなトラブルの要因にならないように、古くなったり、さびついたりしたものを避けましょう。 本サイトでは、短く毛をカットする、自己処理を事前にする、痛みがある、についてご紹介します。